メルシーポットを半年使ってみた感想やコツ

育児,子育て
スポンサーリンク

みなさん、こんにちは!imashunです。

みなさんは初めてのお子さんでこんな悩みをお持ちではないですか?

まま
まま

子供の鼻水が心配で眠れない

ぱぱ
ぱぱ

息苦しそう…

僕のベイビー君も生まれて鼻水がすごい時期がありましたので、楽天で上位にあったメルシーポット

を購入するか結構迷っていました。

お値段が11,880円でしたので、結構購入するのに躊躇していましたが、

半年使って見て、言えるのですが…

一人目の時から買っておけばよかったーーーーーーーーーーーーーorz

ほんとに!なんでもっと早く買わなかったのか、あの時の自分を責めたいです(笑)

このメルシーポットは電動で動き鼻水を根こそぎ吸い取ってくれる吸引機になります。

これ、ホント便利です。というかこれがないと困ります。(笑)

一人目の時は薬局で売っていた、手動でポンプみたいなのを押すと吸ってくれる、

2000円ほどで買った物を使用していましたが、まあ吸えない吸えない…

諦めて小児科にに行き吸ってもらっていました。

そんなメルシーポットの使い方や、吸い方のコツをまとめましたので

よろしければ見てください。

スポンサーリンク

子供は幼稚園や、保育園で、風邪をもらいやすい

幼稚園にや保育園に通っているお子さんがいる家庭は分かると思いますが、

しょっちゅう風邪をもらってきますよね。

毎回鼻水をたらして、苦しそうな子供を見るのはつらいですよね。

かといって、毎回小児科に行けるわけでもありませんし…

そんな時に僕は奥さんの負担が減るならと、メルシーポットの購入に至りました。

まずそもそも、メルシーポットを知らない??

知っている方は飛ばしてもらってもいいですが、

メルシーポットとは?

★パワフルな吸引力でしつこい鼻水もスッキリ!

パワフルな鼻水吸引をご家庭で。奥のしつこい鼻水も、すっきり気持ちよく吸引できます.

★かんたん操作

スイッチを入れて、ノズルを赤ちゃんのお鼻に入れるだけ。誰でもかんたんに、鼻水を吸引できます。

★ お手入れラクラク

部品が少なく、すべて取り外して丸洗いできるので衛生的。

昔は鼻水を直接吸っていた

僕の家庭では母が直接ストローで吸っていたみたいです。(笑)

今考えるとよくやってくれた!って感じですが、

今の時代おすすめはできませんよね。感染症のリスクが上がりますし。

さすがに僕は自分の子供の鼻水は吸えないと思います。

メルシーポットの簡単な使い方や使用レポ

まずは付属品に漫画で描かれている説明書があるので、安全に使用するためにも

必ずそちらに目を通してください。

まず、大人が見本を見せます。うちはまず僕が見本を見せました。

ちょうど鼻水が詰まってなかったので、軽く吸ってみましたが。

結構吸引力がありました。吸う力は自分で調整できます。

使いまわしは衛星的にも良くないので、それぞれのノズルで使用してください。

もうすぐ4歳になる娘にも、やってもらいましたが、

かなりびびってましたけど、吸ってみると笑っていましたね(笑)

もうすぐ4歳になる娘は自分で鼻をかむ事ができるので、あまり使用していません。

なので、早い時期に購入するのをおすすめします。

3ヶ月の息子は付属されているノズルでは大きすぎて入らないので、

別売りの細いノズルを購入して、使用しました。

ただ、3ヶ月の息子は泣きました(笑)

でも吸い終わると、息苦しさが取れたのかすっきりしていましたね(笑)

今ではおとなしくしていられないので、ぱぱとままで押さえるがかりと吸うがかりで

協力して吸うと楽に吸わせてくれます。

ままの吸うコツ

クリップで調整できるようになっているのですが、

我が家では指でつまんで吸っています。

あくまで我が家のやり方ですので、コツとして見てもらえればと(笑)

母乳を上げるときの体制で子供を横にして、細いノズルで奥の方に向かって

斜め上にさすイメージです。この時2秒押さえて離すを繰り返します。

だんだん使っているうちにコツを掴んでくると思います。

 まとめ

ひどくなる前に、使うことができるので、早めに直すことができます。

コンパクトなので、今では旅行にさえもっていくほどです(笑)

お手入れも簡単で2,3回洗うとなれますよ。

なので僕としては、3歳以降のお子さんは付属のノズルで使えると思います。

0歳児は細いノズルを購入されたほうが絶対やりやすいです。

なので購入される時に、一緒に細いノズルを購入される事をおすすめします。

お子さんの風邪を長引かせないためにも、おすすめできる商品です。

育児,子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク
良かったらシェアよろしくお願いいたします。
imashunをフォローする
スポンサーリンク
imagashunのつぶやきブログ

コメント